音楽はどのように映画の雰囲気に影響するのか

誰もが一度は映画館や自宅のテレビなどで観たことのある映画には、それぞれ主題歌やサウンドトラックなどの音楽も含めて作品となっている場合が多くあります。
ほとんどの場合、各作品のために作られるオリジナルですが、中には効果的に印象的なシーンや重要な鍵となる伏線として規制の作品を使用する映画も存在します。しかし、サウンドトラックのCDが発売されるなど映画の中の音楽は重要な位置を示しており、主題歌の大ヒットや何年も受け継がれてきた作品もあるほどです。また、映画に関する賞の中にも音楽部門が設置されていて数々の映画に賞が与えられてもいます。

その音楽が映画に及ぼす影響はストーリーをより深く感じることが利点となっていて、世界共通語である音楽は誰が聴いても感情に作用し、作品のメッセージをストレートに訴えかけることに成功しています。
アクションシーンでは躍動感溢れるリズム、ロマンチックなシーンでは静かでゆったりとした旋律などメロディーを聴いただけでそのシーンが思い浮かぶ方もいて、視覚と聴覚に訴えかける手法としてサウンドトラックは映画になくてはならない存在です。
例えば、足音やドアの開閉音などの人が生み出す音や雨や雷などの自然の音などの効果音が、もし皆無であればその作品の感想や印象はどうなるでしょう。リアリティーが無く無味乾燥な作品になってしまう可能性があります。ですが効果音をプラスすればたちまちに作品の世界がリアルに映り、ストーリーも厚みが増します。それと同じようにサウンドトラックは観る者の心情にアプローチし、感情を揺さぶり人を驚きや恐怖、笑いや感動へと導きます。
はるか昔の映画では無声映画という言葉があるように音そのものが存在しない作品が多く、ミュージカルが流行した頃から映画にも音が加わるようになり映画の発展と共に様々な演出が施されるようになりました。そこから生まれたのがサウンドトラックですが、作品のイメージから作られるメロディーは映画をより一層引き立て興行人数のアップへも繋がるものとなり、ストーリーを盛り上げる演出として確固とした地位を得ました。
このように、映画の雰囲気にストレートに働きかける演出は恐いシーンでは目を閉じてしまっても無意識に耳に入り、その恐怖感は画面を見ていなくても伝わります。映画で使用される様々な音は、観る人の心情に触れてリアリティーを体感させ映画の世界をより楽しめるようになっているのです。