最高の音響を求めるなら…TV買い方の指南

“TVの音響を考える場合には、その製品がどういったタイプのものであるのかをまず考える必要があります。近年は、技術の向上によって内臓スピーカーの性能を落として、より高品質な映像を提供するような製品も登場しています。つまり、映像とスピーカーを分けて考えるタイプのものです。現実的にも、こういった製品が非常に多くなっており、より音響にこだわった製品を手に入れたい場合には内臓スピーカーの品質だけではなく、外部スピーカーとして購入した製品と相性がよいのかどうかもチェックしなくてはいけません。実際に、対応していないものを購入すると使えないリスクもあります。

基本的に、TVの音響を考える場合にはどういった目的でそれを購入するのかを考慮しなくてはいけません。例えば、映画などクオリティの高い映像作品を中心に視聴したいと考えている場合には、立体的な音響を実現できるスピーカーが必要になります。TVスピーカーというのは、大きさによって立体音響に対応しているかどうかも異なりますし、価格も異なります。そのため、映画のように立体的に音質を響かせたいと考えている場合にはその目的に応じた製品を買う必要があります。これは、外部スピーカーについても同様です。外部スピーカーにも、目的に応じた最善の選択肢が存在しますので間違ってしまうと立体的な音質を音質を体感することが難しくなります。

また、内臓チャンネルのチェックも必須です。TVは、上位の製品になるほどそこに組み込まれているチャンネル数が多くなります。スピーカーのチャンネル数が増加するということは、それだけ高品質なサウンドを体感できるようになることを意味しますので、チャンネル数の確認は忘れないようにしなくてはいけません。同様に、重低音の判断も大切です。イヤホンやヘッドホンのように、TVのサウンドにも重低音でどちらのバランスに優れているのかという点が考慮されます。迫力のある低音を響かせたいと考えている場合にはそのタイプの製品を購入しなくてはいけません。

そして、最も重要なのがサイズです。サウンドを発生する機器は、きちんとテレビ台に収まる範囲のものである必要があります。これは特に、外部スピーカーを設置するときにも重要になります。高品質な製品は、大きな媒体を必要になることがありますので、スペースが存在しないと設置そのものができなくなる可能性があります。そのため、幅だけではなく高さも考慮して最善の選択をすることが非常に大切になります。”